スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮 / 爆誕

2006年に活動休止、2011年にアニメ「勝手に改蔵」のOPテーマを担当し復活したロックバンド特撮
オーケンの描くアングラで愛憎だけどポップな世界観に惹き込まれて、ここ最近ずっと聴いてるんで久々に音楽CD紹介!



特撮 / 爆誕


爆誕爆誕
(2008/12/10)
特撮

商品詳細を見る



1.アベルカイン
2.身代わりマリー
3.キャラメル
4.文豪ボースカ
5.ピアノ・デス・ピアノ
6.美少年で探偵でS
7.13階の女
8.マリリン・マラソン
9.ピアノ・デス・ピアノ 愛のテーマ
10.テレパシー
11.SM作家
12.特撮のテーマ



筋肉少女帯の大槻ケンヂを中心としたパンクチーム・特撮の1st。
当初パンクチームと名乗ってたのは、ソロは寂しいしバンドでのいざこざも嫌だったからだろうと思います。
ギターはCOALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI。
ベースは筋肉少女帯の内田裕一郎。
キーボードは元筋肉少女帯の三柴理。
ドラムスはNARASAKI氏の紹介でVAMPSでも活動しているARIMATSU。
アベルカイン』の録音はドラムスの氏がNARASAKI氏以外ほとんど初対面の時行われたそう。
オーケンはタトゥーしてるのが怖かったとか。
内田裕一郎氏はこのアルバムのみで脱退。

どうしても筋肉少女帯と比べてしまうけど、こっちはストレートにヘヴィなロック/パンクをやっていてわかりやすい。
ヘヴィなリフに乗るオーケンの唄がまた似合う。
トラウマパンク」と名づけられたサウンドはそこに乗る歌詞と相まって独特の空気を醸していて。
キーボード/ピアノによる装飾も見事。

その不条理炸裂でどこか切なく猟奇的で愛のある歌詞がまた見事。
身代わりマリー』『文豪ボースカ』『美少年で探偵でS』『SM作家』等の歌詞でどこかコンセプトアルバムのような印象も感じる。
キーワードは「身代わり」「マリー」「文学」。

サウンドプロデュースはNARASAKI氏。
ちなみに大槻ケンヂと絶望少女達もNARASAKI氏が作曲、サウンドプロデュースをしてる。

再発盤は大槻ケンヂ氏とNARASAKI氏による一曲ごとの簡単な解説付き。


クセがあって、でもカッコよくて、抜け出せなくなる世界観。

好きな曲は『身代わりマリー』『キャラメル』『ピアノ・デス・ピアノ』あたり。



一曲づつ個人的感想というか解説というか


1.アベルカイン
聖書のアベルとカインからとって頭よさそうに見えるけど仮タイトルは『猫対犬』。
「猫猫猫猫!」「犬犬犬犬!」という、特撮のポイントであるコーラスとの掛け合いが気持ちいい。
NARASAKI氏の奏でるヘヴィなリフも聴きどころ。
1stシングルの表題曲。

2.身代わりマリー
このアルバムで度々登場するマリーという人物についての曲。
太宰治や三島由紀夫の名前が登場し、やはりこのアルバムに度々出てくる「誰かの苦しみが誰かの喜びになる」という「身代わり」について歌うダークな歌詞も必読。
サビの部分は一緒に歌いたくなりますね。

3.キャラメル
ひたすら不条理炸裂の奇怪な歌詞。
それがハードコアでスラッシュなリフに乗るもんだから「なんだかよくわからないけどカッコいい」感200%。
2分に満たないショートナンバー。

4.文豪ボースカ
カヴァー曲らしいですが気付かなかった…なんのカヴァーかは…調べてないのでわからないです。
大槻ケンヂとボースカの一人二役の演技が光るストーリーモノ。
ボーカルのリズムの良さにストーリーに惹き込まれます。
ボースカ声のかわいさと最後の語りが聴きどころ。
ちなみにこの曲、大槻ケンヂ氏のエッセイにて御茶漬海苔先生によって漫画化されてます。

5.ピアノ・デス・ピアノ
実在の人物がたくさん登場するこの曲の歌詞、「エド・ゲイツ」という人が出てきますが、エド・ゲインの歌い間違えだそう。
力強い曲調の前半と甘いサビの後半の対比が面白い。
後半のNARASAKI氏とのサビのボーカルの掛け合いがとても美しい。
オーケンの歌って意外と味があって上手いんだな!と実感できます。

6.美少年で探偵でS
「ウヒャヒャヒャヒャ」というオーケンの笑いがいい感じ。
少年探偵やSMというワードもこのアルバムには多いですね。
この曲も台詞満載でいろいろ詰め込んであっていい味出てます。

7.13階の女
エディのピアノが素晴らしい一曲。
自殺しようとする女性について歌っており、ボーカルも甘く力強く歌い上げる感動巨編!
これも何かのカヴァーという話を聞きましたが…。

8.マリリン・マラソン
ヘヴィでスラッシーなリフとリズムがかっこいい一曲
曲名から想像できそうですがこの曲も固有名詞が多い。
途中のインストパートの怒涛のピアノとマラソン感が凄い!

9.ピアノ・デス・ピアノ 愛のテーマ
歌詞付きはベスト盤「初めての特撮 BEST vol.1」に『スウェードの愛のテーマ』として収録。
ヘヴィなリフとドラム、そして美しい旋律を奏でるキーボードが辺りを包みます。

10.テレパシー
エディがオーケンに特撮の話を持ちかけられた時に最初に見せられたのがこの曲だそう。
美しく時に悲しい、強い愛について歌わせたらオーケンは凄い。
感動的なピアノとヘヴィなリフが聴きどころ。
ベースラインもカッコいい、後半の盛り上がりも最高です!

11.SM作家
ダークでブラックでエグい内容をポップにカッコよく仕上げる特撮の真骨頂!
サビのメロディに惹き込まれ、いつの間にかストーリーに入って行くでしょう。
全ての楽器が一体となって物語を彩ります。
この曲が実質アルバムの〆だと思います。

12.特撮のテーマ
ストレートでヘヴィなナンバー。
怪獣の鳴き声をサンプリングしたインストパートが「特撮」です。
スポンサーサイト

Y.O.U.R.E.G.A.Y

「人種差別」「障害者差別」「女性差別」「同性愛者差別」「クスリ」「他バンド、著名人への徹底的な侮辱」「ヒトラー万歳」「歌詞作んのメンドクサ」等の素晴らしいテーマでみんなを笑顔やしかめっ面にさせてきたAxCx(ANAL CUNTの略称)のリーダーであるセス・プットナム氏が亡くなられたようです。
新譜も2枚ほど出していたところですし、ANAL CUNT以外にもFULL BLOWN A.I.D.S.でも活躍、昔はPANTERAとも交流のあったセスですが…。
これほどロックなバンドがいるだろうか、というぐらい突き抜けていたけど…本当ショックで仕方ないです…。
『Tsunasum』はねーだろ、ホント不謹慎極まりないバンドだよと思ってたところ、事を知って…固まりました。
『Fuckin'A』はいいグラインドロックアルバムだったし、これからって気もあったんですが…。
若いころはイケメンだった。
人類史上最低な歌詞を歌うバンドだと思ってましたし、これほど不快にならないブラックユーモアも凄いと思ってました。
いや、本当にどう頭をひねったらこんなあまりにもあまりな歌詞ができるのかと、もう天才だと思います。
彼、叫んでるだけに見えてマルチプレイヤーですし。


以下、Seth Putnamの輝かしき歴史、ANAL CUNT
5643曲入りEPまだ聴いたことないです。





2009?


1.Body By Auschwitz
2.I Like Drugs And Child Abuse
3.I Paid Jim Howell To Rape You
4.Even Though Your Culture Oppressed Women, You Still Suck, You Fucking Towelhead
5.I Became A Counselor So I Could Tell Rape Victims They Asked For It
6.Beating Up Niggers That Sell Fake Crack
7.I Went Back In Time And Voted For Hitler
8.Into The Oven
観客にいい子いい子してるとこがかわいい。



1988


テンションがあまりにもハイで危なっかしい初期。



1994


スティックがどっかとんで行く中期。



2007


オーヴァードーズから復活の後期。



2006


1.Pepe, The Gay Waiter
2.Flower Shop Guy
3.Delicious Face Style
4.I'm Still Standing
2ndメドレー。



2009


リハ風景。



2010


猫。

人間椅子 / 未来浪漫派

陰陽座にハマってたらツイッターで人間椅子を紹介されて病気のようにハマりました。
人間椅子歴は2か月です、なんか最近は江戸川乱歩とか読み始めましたし、なんていうか好きなものに対しては神経質っていうのが自分にピッタリですねw
和嶋さんの『浪漫派宣言』での文章は素晴らしいですし、また新たなものをたくさん知ることができて嬉しい限りです。

因みにホラーだとか苦手で、一応理系です。
でも俺ももしかしたら、吐き気がするほど浪漫主義者なのかなと思う日々であります。





人間椅子 / 未来浪漫派 (2009)


未来浪漫派未来浪漫派
(2009/11/04)
人間椅子

商品詳細を見る



ベースの重さがハンパない。
「冥土喫茶」以外は全て和嶋慎治氏が作詞。
おどろおどろしいイメージは少なく、主に人間の内面、こころに触れる曲や詩が多いけどやはり人間椅子は人間椅子。
和嶋作曲、鈴木作曲、と交互にバランスよく置かれている中、人間椅子作曲で3人全員が歌う「秋の夜長のミステリー」やナカジマノブ氏の歌う「赤と黒」が絶妙な味を出していて飽きさせない。
何よりも歌詞と曲が見事に一致するところが天才的。
噛めば噛めば味が出るアルバム、所謂スルメアルバムってやつです。



01.太陽の没落
フリードリヒ・ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」を題材にした曲。
ミドルテンポで和嶋氏の歌も中毒性がある。
後半最後の最後でちょっと疾走する。
アルバムの幕開けにふさわしい曲。

02.輝ける意思
鈴木氏らしいロックンロールなイントロから始まり、一層貫禄あるボーカルで背中を押してくれる詩を歌う。
苦悩、苦痛を乗り越えてこそ強くなり、喜びが生まれるというのは和嶋氏がよく描く歌詞であり、当たり前だとわかっているつもりのことを再認識させてくれる。
サビのメロディと歌い方がまた味があって良い。

03.浪漫派宣言
極端に重いベースラインがとてもカッコいい。
『ロマンティックに行こうぜぃ』というフレーズがどこか気恥ずかしくもあるけどそこがいい。
ギタリストである和嶋氏が『オッケーカモ~ンギッタアァ~』と叫んでギターソロが始まるところも面白い。

04.至福のロックンロール
どこかで聴いたような…とKISSなどを思い起こさせるメロディ。
「鉄格子黙示録」だの「賽の河原」だの「猟奇が街にやって来る」だの歌っていたバンドが『苦しみを喜びに変えるそうさ魔法のミュージック』『素晴らしい神様の贈り物』と歌うところに深みを感じる。
暗いことだって怖いことだって明るいことだって、ロックはポジティヴなものに変えてくれる、そう感じてた自分にとっては心に響く曲です。

05.愛の法則
ふんわりとした曲調とそこに乗るボーカルも明るい雰囲気でいいのだけど、『恋に恋に恋に落ちた』というフレーズで曲自体も泣き崩れるのがまた巧い。
どうしようもなく静かにのたうつ、恋の儚さ悲しさが伝わる曲。
たった一人の存在で悩み苦しみ引っ掻き回されてしまう恋の心情を見事に描いた名曲であり素晴らしい歌詞だと思う。

06.赤と黒
スタンダールの「赤と黒」より。
「愛の法則」からこの曲に持ってくるのがまた素晴らしい。
ドラマーのナカジマノブ氏が歌うこの楽曲は明るく疾走するロックンロール。
全力で歌うサビはノブ氏だからこそできる力強さ。

07.冥土喫茶
説明するまでもなくメイド喫茶をもじったギャグタイトル。
内容は鈴木氏の描く歌詞らしいおどろおどろしい風景をスラッシュメタル風の疾走感で唸り上げるここまでの曲とは一風変わったメタルナンバー。
ギターソロ前のテンポチェンジとサビの部分のデスメタリックなリフとツーバスが見事。

08.塔の中の男
狂気に陥ってしまった詩人フリードリヒ・ヘルダーリンについて歌った曲。
長尺だが、塔の寒く暗く寂しい様子を描いた曲調、素晴らしき遠い楽園を描いた明るい曲調、やさしさと哀しさに涙する温かい曲調、と飽きさせることのない曲展開。
これほどまでに歌詞とシンクロした二転三転する曲展開は天才ともいえる。
言葉の選び方も絶妙な名曲。

09.月下に捧ぐ舞踏曲
ダークで静かな曲の中で煽る鈴木氏のボーカルが妖しく哀しくカッコいい。
月を見ていてだんだんと狂っていくような後半の曲調が素晴らしい。

10.ヤマさん
ヤマさんという人物について歌った曲、詳しくは和嶋慎治氏の連載する浪漫派宣言を。
無垢で優しいヤマさんの存在を消すことはできないと、明るく送り出すという曲で、後半に行くにつれて悲壮感を増していき、それでも暗くはならせないという曲構成に聞き入ってしまう。
後半に挿入されるパートのバックで囁く『ア~チッチッチッチッチ』というフレーズの意味に気付いたときは涙腺が緩み鳥肌が立った。

11.秋の夜長のミステリー
まさにミステリーでシュールな歌詞を3人で明るく歌うのがまた不思議な楽曲。
いきなり『コーヒーカップに目玉がプカリ』と歌うのでびっくりする。
サブの部分をノブさんに歌わせたのは素晴らしいと思う。
ホラーなようなそれでも明るく切ない雰囲気が摩訶不思議。

12.ばっちり行きたい子守歌
鈴木氏の歌い方がとても似合い過ぎな明るくどこかかわいい曲。
のほほんと、渡る世間は辛いけど、なんとかなるさと日常を描く。
嫌なことがあっても、上手くいかなくても、グッと我慢でサッと布団にバッチグーグー子守唄。

13.深淵
最後の最後で人間椅子史上最長でありアルバムのキラーチューンである壮大な曲を持ってくる。
心を静めるアルペジオからつんざくようなザクザクとしたリフに入っていく。
このアルバムでも何度も描いてきた、苦しみがあり喜びがあるから味気なくない人生なんだと自分の心に落ちていき学んで行くという内容。
歌詞の通り、深淵へ落ちていく描写を演奏し、手探りで心の深淵を巡るパートはテンポを落とし、美しい景色に真理を気付かされる時はは壮大に、瞑想にふけるパートは静かに、現世へと戻ってくるパートは激しく演奏し、歌詞を見ずとも何について歌っているかはわかるであろう見事な表現。
「相剋の家」にも似た『あゝ私が生きているのは~』と歌うところのリフがとてもかっこいい。



初期のおどろおどろしさは少ないけれども人間椅子でしか描けない詩的でロマンティックな世界です。
あと、タワレコ初回限定で「悪魔と接吻」という曲が貰えたそうです。





MALEVOLENT CREATION / Doomsday X

NYのデスメタルといえば、CANNIBAL CORPSE、MALEVOLENT CREATION、IMMOLATION、SUFFOCATIONといろいろ思い浮かびますが、…これらのバンドNYで合ってるよね…?
まぁ、CANNIBAL CORPSE、SUFFOCATIONが突出してて他のバンドが過小評価されてるように錯覚してしまうことも多くて。
NILEDYING FETUSにヤられた人なんかはとにかくテクニカルにブルデスを掘り進めるかスラミングデスでズリズリ這いずるか、そこらへんの重鎮がすっかり忘れられてしまっているように感じるのも確か。

そんな中ひったすらに「デスメタル」とは何かと問われれば「コレがデスメタル」と、デスメタル以外の何物でもないサウンドを貫き通しているバンドがMALEVOLENT CREATION
一部、国内盤は出ても過小評価もいいところですが。
小細工無用、何をすれば激しいメタルができるか突き詰めたバンド。
たまにはオールドスクールなものに浸ってみてはどうでしょう。
このバンドについて語ろうとしても、「真っ直ぐ」としか言いようがないのもまた素晴らしいw



MALEVOLENT CREATION / Doomsday X (2007)


Doomsday XDoomsday X
(2007/07/17)
Malevolent Creation

商品詳細を見る



1. Cauterized
2. Culture of Doubt
3. Deliver My Enemy
4. Archaic
5. Buried in a Nameless Grave
6. Dawn of Defeat
7. Prelude to Doomsday
8. Upon Their Cross
9. Strength in Numbers
10. Hollowed
11. Unleash Hell
12. Bio-Terror



NY産ド直球ベテランデスメタルバンドの10thフルアルバム。

結成当初からスラッシュメタルを推し進めた「デスメタル以外の何物でもないサウンド」を貫いてきたMALEVOLENT CREATION
流動的なメンバーは相変わらず、ギターのRob Barrettが抜けRobは再びCANNIBAL CORPSEに、ベースのGordon Simmsが抜けオリジナルベーシストJason Blachowiczが復帰、Kyle Symonsが抜けオリジナルヴォーカリストBrett Hoffmannが復帰。

Brett Hoffmannの復帰は大きく、サウンドは……全く変わってなかった!

もう今時こんなド直球やるかってぐらいピュアなオールドスクールデスメタル。
一曲目から真っ直ぐなリフ、曲展開、ブラストビート!
もうベテランの技というか、聴き手がどこでどう展開するのを望んでるかはガッチリ掴んでニヤニヤせずにはいられない。
パーツごとに作って組み立てただけのようなバンドとは大違い、流れるように曲が進んでいくもので、感服いたしました。
この絶妙な曲展開はもちろん全12曲隅から隅まで行きわたって聴き終えた後の爽快感と言ったら、「なんだこりゃ!」ってアグレッションに「もっかい聴こう!」となる絶妙な疲労感。
紛れもなく名盤。
SLIPKNOTのMickがゲスト参加してるけどあまりに溶け合い過ぎてるのか、ファンもファン以外もそんなのどうでもいいと思ってるのか、あまり宣伝にはならなかったw

前作にあったリフのメロディアスさを受け継いだイントロからデスメタルの真髄へなだれ込む「Cauterized」の思わず笑ってしまうような真っ直ぐな幕開け。
ミドルテンポのイントロからファストパートへのカタルシスを巧くつかんだ「Deliver My Enemy」。
インストなのに全く気付かずに聴ける小細工なしの「Prelude to Doomsday」。
在籍時代よりスゴみを増したゲストヴォーカルKyle Symonsとの凶悪ツインボーカル「Bio-Terror」。
どこを切ってもデスメタルしか出てこないw



Cauterized





「デスメタル」を聴きたい人やMALEVOLENT CREATIONのレコードが聴きたい人にオススメです。
プロフィール

もつA

Author:もつA
粉砕紳士。
当ブログについて
もうなんかリンクフリーですが、一言くださるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今聴いてるもの
りすにんなう

最近聞いた曲

AnikiniA’s Profile Page

..
読書メーター
読書
もつAの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。