スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残酷まんが感想 2011/11/10

残酷まんが感想

今月(先月?)の残酷まんが家の残酷まんがの感想です。



コミックドラゴンエイジ 2011年 11月号

CRIMZONE

Carnage 6:舞刃の戦場

いきなりジョーズな幼女肉食いちぎりシーンから始まり。

作画が違えど、台詞から構図から何からいつもの山賢です。
この漫画、毎回1コマ1コマ「ここがこう山賢」って解説してるんですよw
だから1コマづつ語りたいんです本当は。

ヒュプノスのモンスターデザインは木々津克久先生。
といってもまだ人間体?
異空間にワープしてたけどよくわからない能力だ…。
幻覚を見せたりしそう。

サメ型のもはや吸血鬼じゃない方たちは主人公を連れてった!
しかし主人公はやっと主人公っぽいこと言ったな。
しょっぱなからクラン+ピノコみたいなのの片手片足を食いちぎるサメ!

タンコーボンは来年一月ぐらいに出そうとのこと。





ヤングチャンピオン烈 2011年 No.11


山賢的プロダクションノート

ARB、『踊り子るしあ』いい曲ですね!
『回るピングドラム』は話題は聞くけど見てません。
そもそもアニメはほとんど見ないので…。
EDがNARASAKIさんのCoaltar of the Deepersなのね。
とりあえずARB聞いてみよう。

『さつじん!』
セクハラ!
でも毎回殺人描写あるのに笑ったw



trash.

スリングショットでファニーなゲーム。
全体的に笑いながら追い詰める感じのクソ外道変態展開。
美能子のエロシーンありだけど、パチンコ玉で処女膜ぶち破っちゃえーってホラーな展開。
打つとこで場面が変わる「CMの後」的展開じゃなくて、打って命中した後場面が変わるというドギツい見せ方に惚れた!
2人が来る前に子宮の中パチンコの玉でいっぱいになってそう…。

なんかあるだろうと怪し気だった男の方は普通に王水ぶっかけられた挙句モツモロ。
セリフその3で敗退か…!?
大ピンチの中マイン登場!
スゲー、少年漫画の主人公みたいな頼もしさだ!

タンコーボンは12月下旬?
加筆修正があるそうなので、バックナンバーとっておくといいカモ!?



チャンピオンRED 2011年 12月号


フランケンふらん

センチネルVⅢの計画。
そして俺たちの戦いはこれからだ!
なんていうかセンチネルマンが不憫w
子供たちからも金を巻き上げるVⅢがひどすぎて笑ったw

なんか残酷まんがとして最高だよなぁこの漫画。
残酷なだけじゃただの悪趣味、それだけにとどまらないっていうか。
大越孝太郎先生の漫画を読んでる時と同じで、残酷抜きにしても面白い知的な話づくりが光る。
一話でよく、濃く且つまとまってる話を描くもんです。
今回はふらんもグロも少な目だけど。

来月は
PHASE20との二本立て、すげぇ…。



エクゾスカル零

エクゾスカル雪・初夜六花!
俺の好みのタイプの女の子じゃないっすか!ショートだし!しかも服装!!
なんか山口先生の描く女の子って、もうシグルイな女の子のイメージだったからびっくりした!
肌の質までわかる絵って凄い。魅せる。
ただ手を添えただけ…、これから先が凄く楽しみです。

あ、今回は残酷ではないですね、あまり。
スポンサーサイト

ヤングチャンピオン烈 2011 Vol.7

ヤングチャンピオン烈 2011 Vol.7 感想



鬱ごはん

あります、こういう症状になったこと。
喉が口内炎で埋め尽くされた感覚で、やっとのことで見つけた喉に負担のかからない飲み物がミルクティーでした。
お茶を飲むと喉に張り付く感覚で気が狂いそうになります。
それにしても表現に幅を持たせてる努力を感じた回でしたw
面白い。



山賢的trash.プロダクションノート

さらば『trash.』(計画休載のお知らせ)
簡単に言うと、ヤングチャンピオン本誌でビッグな企画、とあるコミカライズ企画に山本賢治×D.Pコンビに参加してもらいたいとのことで、少し休むそうです。
山本先生からのメッセージは「『trash.』必ず再開します。」と太字で。
「少し」がどのくらいかはわかりませんが、この作品のために再講読を始めた自分としては心が痛いです。
続きが毎月楽しみな漫画なので一か月でも待ちきれないんですよ。
それを考えると正直もう残念で仕方がないです。
どうにかして7話ある「人殺しの唄」を2巻として発表できないものか…アンケートにそのことは書きましたが。

そして、本音として山本先生の「本音」を垣間見ました。
現行の作品を中断するのはイヤだ、とのこと。
『カオシックルーン』『ガイスターバーン』が病気のため休載という経験がある山本先生ですから、その苦しさは十分に知っているのでしょう。
網膜剥離、緑内障にまでなってしまい手術の日々のことと、納得のいく絵が描けるまではまだ時間がかかるとのことが書かれていました。
心のトゲを増やしたくないという漫画家としての気持ちが見れて読んでる側も熱くなりましたが、山本先生はここに大きく宣言しました。
「死ぬまでには絶対!どんな形にせよ、『カオシックルーン』と『ガイスターバーン』は描ききってやる!」
『ガイスターバーン』は内面描写と展開に山本先生の本気を見た作品ですが、休載→打ち切りの流れを見た時はショックでしたかありませんでした、しかし、ここで『ガイスターバーン』の名前を挙げてくれたことに一ファンとして感動しました。
「誰も読んでくれなくてもいい。僕が読みたいから描くのです。」
読者はいます、俺が読みます。
待ちます。



アンケート

「『trash.』計画休載という事ですが、山本先生も断腸の思いで休載するのでしょうが、
正直なことを書かせてもらうのならば、僕は毎月『trash.』を楽しみに買っており、
休載することが非常に残念です。山本先生の言葉には励まされましたが、
致し方がない理由ではなく、他作品のために休載というのは、残念に他ならないです。
漫研部員ということで、毎月他の人に半ば無理やり読ませるほど好きでしたし、好評でした。
もともと烈を買い始めたのも、山本先生の新作が載るということででした。
コミックスも複数持っています。今、一番楽しみにしている漫画でした。
一読者として欲を言うならば、「人殺しの唄」編として『trash.』2巻は是非発売してほしいところです。
山本先生の毎月のイラストを載せればページ数も足りると思いますので、検討をお願いします。
新たな作品も楽しみですが、僕は『trash.』が大好きでしょうがないのです。
コラムだけでも続行してくれるのはありがたいですが…。」


最初思いついたの。
こんだけにまとめるのも大変ですが、もっとまとめないとダメですよね。
再開するのはいつなのかを考えると本当に苦しいです。

ヤングチャンピオン烈 2011年 Vol.6

ヤングチャンピオン烈 2011年 Vol.6 感想


・「ブラック・ジョーク」

「バロン・ゴング・バトル」「バトルロワイアル」「LIVES」と素晴らしい漫画を描いてきた田口先生ですが、この作品、未読です。
これはまた、凄く繊細で…w
主人公らしき人物、あんたなんか鳥×実みたいじゃないか!w
「糞」じゃなくて「くそ」にしてほしいよなぁ…バロンゴングファンとしては。
糞糞言い過ぎなのはすごくいいw
()が多いのも気になるけど、いや、クリーチャーデザインもさすがです、ヤンチャン烈をもっとバイオレンスにしてくださいな。


・「抱かれたい道場」中川ホメオパシー

一ページ目どんなトーン使ってんだよwキモいw
25歳で性感帯の意味を知らないのもおかしいどころじゃすまないw
っていうかそんな大技できるようになるのかよw


・「ゴッドサイダーサーガ」巻来巧士

沖田大佐かっこいいな。
台詞がいちいち説明口調なのはもうキガタで慣れたw
プラナリアは、最強なイメージだなぁ。


・「らぶゆ!」東鉄神

「た…確かにおっぱいは元気の源だけど…。じゃなくて!!」
なんか『ムラマサ』のシロみたいだなw


・「性食鬼」稲光伸二

カラーのぬいぐるみの気持ち悪さw
変態ボス現る!!じゃないんだよ…もうみんな変態なんだよ…。


・「鬱ごはん」施川ユウキ

作者もそうなのかよw


・「NIGHTMARE MAKER」Cuvie

好きな夢を見れる。
そういう話だけでここまで膨らませるのは凄いなぁ。
ただエロだけで終わっちゃあ、やっぱダメだよね。
すごく面白い、毎回絶賛してる。
己の欲望に向き合うのは正気じゃいられないだろう、悪夢そのものだ。


・「ヴォイニッチホテル」道満清明

いつもの雰囲気です。


・「trash.」原作:山本賢治、漫画:D.P

こいつもペドでした、すげえよ、もう何が何だか分かんなくて、愛情ってものを考えさせられる。
一番サイテーな奴がこいつだとはまさか思うまい。
同情の余地もなく、さらに、ちゃんと因果応報で凄い。
ヤマケンに侵されていく絵柄。
台詞回しが特徴的だからなのか、更に、腕の二~三本ってw
美能子の超極悪な表情が最高そのあとはしゃいでるのも最高。
スーは扉絵にもいるし、レギュラーになるのかな?

ヤングチャンピオン烈 2011年 Vol.5

月イチのヤンチャン烈感想!
ほとんど「trash.」目的で買ってるんだけど、REDがああなってしまったのでに移ってきました。
日本一尖ってる雑誌だと思います、清い心を持ってる人は是非読んでみてください!
では、スタート!



ヤングチャンピオン烈 2011年 Vol.5 感想



・「山賢的プロダクションノート」山本賢治

マトモなこと言ってる・・・!
そうそう『一方向からしか、モノを見ずに綺麗事をほざく人が大嫌い!』なんです俺も。
イラスト含め、直接的なことを言わないとこが山賢らしくも何か非常に深いコメントに思えました。
ここでカオシックルーンの絵を出してくれるのはツンデレ。
期待していいんだな!!
プラモは無事だったか!?



・「trash.」原作:山本賢治、漫画:D.P

こんな壮絶なモツり方は初めて見た。
これは本気のバトルだ。
『一方向からしかモノを見ずに』について、人という生き物について、「ガイスターバーン」でも触れていたんですがこの話も非常にうまくまとまってました。
あれだけ肉塊になりながらまだ攻撃しようとする姿、そして肉塊を踏みつけるるしあ、マインの怒りの描写、山賢とD.Pの息がぴったり合ってそれまでにない空気を醸してましたね。
無駄がないです。
パニックと混沌の中のキャラの心の動き、そしてその構成力にはやはりびっくりしました。
序盤の不快感ある演出から、キャラクターのいろんな感情が交差していつのまにか「この漫画面白い」になってる。
やっぱり俺は山賢が好きだ!



・「ヴォイニッチホテル」道満清明

いつものワールド。
ホント、空間が好き。



・「性食鬼」稲光伸二

全体的にアブねぇ。
いつものことだけど。
R-18です、どう考えても。
台詞回しも何もかもが狂ってる。



・「らぶゆ!」東鉄神

ガキがいい味出し過ぎw
なんというか間の取り方が素晴らしい、笑った。



・「ばくおん!」おりもとみまな

扉絵がイカス。
内容はよくわかりませんが「SGが至高や!」「いやレスポールだ!」「バカタレ!ストラトがいいんじゃ!」「変形以外認めない」って感じのノリなんですかね。



・「鬱ごはん」施川ユウキ

天才的に神経的。
「誰もがんばらないでくれ!俺もがんばらないから!」、いいコト言うなw
それにしても突き刺さる。
この漫画を読んでもまったくお腹は空きません。



・「NIGHTMARE MAKER」Cuvie

全男子の夢である夢。ナイトメアとはこれいかに。
「夢は現世」、江戸川乱歩の影響で最近よく考えてることです。
理想の夢がいい夢とは限らない。
夢を夢見て夢を見ることは大事なこと、でも『夢』が叶ってしまったら、適ってしまったら、それは味気ない世の中になり、現実を夢見てまた目覚めるのです。
とりあえず先生はヤバイ、エロすぎです。



・「ゴッドサイダーサーガ」巻来巧士

凄い迫力。
たまにシュールなのはいいとしてw
この漫画を読むまで「ゴッドサイガー」知りませんでした。
「聖闘士聖矢」といい、どうなってるんだろう。
で、コレでいいのか。
エロシーンいらんから!



・「抱かれたい道場」中川ホメオパシー

最後にコレを持ってくんなww
読後感が異常になるw
ステレオタイプ過ぎアメリカ人、名前が最低すぎるw
効果線が無駄にすげぇw
もうマジで天才だと思う。
ガチでキ×××だと思うww





次号から「ブラックジョーク」が降りてくるぞォ~!!
「バトロワ」ファンと「バロンゴング」ファンは要チェック!
堕ちたんですかね…。
プロフィール

もつA

Author:もつA
粉砕紳士。
当ブログについて
もうなんかリンクフリーですが、一言くださるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今聴いてるもの
りすにんなう

最近聞いた曲

AnikiniA’s Profile Page

..
読書メーター
読書
もつAの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。