スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン 2011年 20号

週刊少年チャンピオン 2011年 20号 感想


ナンバデッドエンド
これは締めに入ってるのかな。
「ケンカをしない」って約束をする、その裏でヤンキー狩りが出てくるってのは漫画では黄金パターンな感じだけどどうなるのか。
そう簡単に折れてほしくないし折れることもないだろうし、ここでそういう世界と決別するっていうのがいいんだけども。
剛が手を出さなくてもを支えてくれる人はいっぱいいるはず。
やっぱ面白いな~この漫画。


クローバー
悪ガキじゃないw
これは釣り漫画で、男版みつどもえもしくはイカ娘だ!


イカ娘
そういや「発明軍人イッシン」は好きだったなー。
タンコーボン買おう。


シュガーレス
あれ?そういや主人公ってコイツだったっけ。
シャケさんとキリオさんの会話が美しくて惚れる。
キリオの表情がまた逸品w


バチバチ
熱いなぁ、白水さんがかっこよく見える。
「弱虫ペダル」もそうだけどそう『魅せる』漫画が最近は多くていい。
ページをめくった後が気持ちいいなー。
少年漫画だ。


被害妄想少女うれいの日常
すごいな、初めて見たよあんな文字の表現w


毎度!浦安鉄筋家族
その貯金箱にどれだけお金がかかってるのかw
あかねはやっぱりこういう役だよね。


バキどもえ
元の漫画が両方載ってないんですよ…。
烈海王はギャグキャラだなぁ、元は不気味なイメージだったのにw


てんむす
佐渡川先生風の粗さが残ってる絵柄だから凄く見やすい気がした。
でもやっぱりどこか…なんだろう、料理が美味そうかどうかなのかな…?


ちぐはぐラバーズ
「金剛番長」の人か!
実にチャンピオンな味を出してる箇所がいくつか。
っていうかチャンピオンだ。


行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
冒頭ですっごい嫌われてるのに笑ったw
上から目線な解説がまた巧いw
鯛の目が怖すぎる。
そしてヨシノさんはいい味出し過ぎである。


ケルベロス
語り調になるとすごく味が出るというか、おどろおどろしい小説を読んでる感覚に陥る。
巻頭生首カラーのときは凄い鳥肌が発ったなあ。
突然やってくる狂気っていうのはどうしてもヤマケンを思い出してチョンパされるんじゃないかとハラハラする。
それぞれの価値観が異常にひねくれていたり、それでも理に適っている気がするのもこの作者の好きなところ。


王様日記
読んでてちょっとゾクッとした。
怖いとかじゃなくて。
でもわざと転んだあとの狂気の顔はすごく良かった。
こういう絵柄でやってくれると心を奪われちゃう俺。


キガタガキタ!
連続でこう来るとなんか「ミスミソウ」思い出して鬱になるよ!
いつものことだけど『今回の死者』って紹介の仕方は変だろ西条先生w
死神ジャガー…踏切アンジー、河のアクザー、痛トラジーコ…ネーミングセンスが絶妙に微妙だ。
死神がただの変質者にしか見えない…なんでこの世界の人たちは英語にしたり妙にハイテンションなんだろう。
何故仮面をしてるのだろう、なんで自己紹介しながら出てくるんだろう…。


囚人リク
コマ割りがうまかったり悪かったり…。
それでも十分読ませるんだから巧いんだろうな。
絶対もっと迫力だせるのに雨やらなんやらでちょっとゴチャゴチャしちゃってるよなぁ…
なんて思ってたらラストにあれだよ!震えた。


ゴールディン
「ないよないよないよないよないよないよ」
吹いてしまった。
2話目がシュール過ぎる。
っていうか2話に分ける必要がわからないw





今週も面白い!
だけど心配なのは「みつどもえ」だなぁ…。
「子供学級」のころからのファンなんで凄く心配…。

あと現在週刊少年チャンピオンは5月中旬までの間、WEBで無料配信もしてるので、読んだことがないっていう人はこの機に読んでみるのもいいと思います。
これ読んでる時点でそんな人いないと思うけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

もつA

Author:もつA
粉砕紳士。
当ブログについて
もうなんかリンクフリーですが、一言くださるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今聴いてるもの
りすにんなう

最近聞いた曲

AnikiniA’s Profile Page

..
読書メーター
読書
もつAの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。