スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Extreme the DOJO vol.28

EXTREME THE DOJO Vol.28

WITCHERY
WATAIN
VADER



WITCHERY

始まる前から凄い熱気。
VoだけDARK FUNERALみたいだった。
実は一曲しか知らなかったんですこのバンド。
速い曲はやっぱ盛り上がりますね。
早速ダイブも続々。



WATAIN

セットというかホントにステージの準備に時間がかかったw
旗に蝋燭に逆さ十字の置物に祭壇…。
途中で「VADER!VADER!」ってコールが一瞬起こったのは、気持ちはわかるけどw
ギタリストがサウンドチェックの時メタリカのリフを3つぐらい弾いててカッコよかった。

搭乗までに足が相当疲れたけど始まったら大盛り上がり。
ブラストビート全開の曲が始まった時は凄かった。
スピーカーからのバスドラムが髪の毛が揺れるぐらいの音圧でブラストビートやツーバス連打の時なんか「うおおお!」って自然になりますよ。
ブラックメタルはあまり詳しくないですが、正統派のブラックメタルでいいんじゃないかなと思いました、
メロディアス成分もあってね。
ボーカルの人がメイク越しにもイケメンでセクシーでした。
一瞬なんのヴィジュアル系だ!と思ったのは僕がブラックメタルを見るのが初だからです。
儀式めいてて雰囲気が出てましたね。
カッコよかった!
ただエンディングと片づけでイライラしたのも事実でした。
カッコよかったからよし。



VADER

セットリストがうろ覚えで曲名わかんないのも多くて…勉強不足。

曲順はうろ覚え。
Devilizer
Rise Of The Undead
Sothis

Black To The Blind
Shadow Fear
Carnal
Come And See My Sacrifice
Dark Age

Impure

Wings

This Is The War
Lead Us
Rainning Blood(SLAYER cover)



ドラムのチェックとかの時点で足がヤバかったです。
日頃の運動不足がうかがえます。

新譜からの『Come And See My Sacrifice』はとんでもない速さでビックリしました。
しかもこの速いブラストがクリアでよく聴こえる。
めちゃくちゃカッコよかったですね。
Sothis』等のリフも素晴らしい、「ああ、やっぱり俺が好きで一番聴きたいのはデスメタルのこの音なんだなぁ」と実感しましたね。
体力は、これは別腹みたいなもんです、アドレナリンで大盛り上がりですよ。
1stアルバム「The Ultimete Incantation」から『Dark Age』!
随分VADERも変わったなぁとか思ってたら、新旧連続で聴いたらこのころの曲も今も全然変わってないじゃないか!とビックリ。
Wings』は盛り上がりましたねぇ。
1.5倍速でした。

アンコールでは俺の好きな『This Is The War』と『Lead Us』をやってくれました。
と思ったら『Rainning Blood』!
一番盛り上がったんじゃないでしょうかw
本家は今にも崩れそうな危うさと刺々しさがありますが、こちらもいい!
盛り上がるのは当たり前ですね、会場全員知ってる曲でしょうから。



足が疲れて仕方がなかったです。



VADER - Come And See My Sacrifice

MORBID ANGEL 2011/9/26 渋谷O-EAST

一週間に一回は来てる感じがするね!渋谷!


MORBID ANGEL
待ちに待った、いやホント待ちに待ったモービッド・エンジェルですよ!
めでたい!
しかもデイヴィッド・ヴィンセント!
トレイ・アザトース側で待機してました!

開演前にTERRORIZERDead Shall Rise(06)が流れたときは皆一瞬「おおっ」ってなってましたね。
テンションが上がりまくりました。
TERRORIZERでの活動も期待してます、ピートさん。


ドリンクチケット紛失したけどどーでもええわ!ってぐらいなライブでした。
デイヴィッド・ヴィンセントは素晴らしいフロントマンだった。
客を煽るのも上手いし、指弾きとピック弾きの使い分けもカッコいい!
なんていうかずっと興奮しっぱなしだった、バンドがバンドだからってのもあるだろうけどデイヴィッドの力も大きいと思う

ひたすらにギターを弾くデストラクターさんもカッチョよかった!
この人のギターもなかなか味があっていいと思う。

そして前髪で顔が見えないトレイ・アザトースの不気味さ。
ギターソロの奇怪さがやっぱり目玉ですね。
ギターソロというより普通にリフ弾いてるだけで他の人とは違う禍々しさがズルズル漂ってる。
ところどころに挿入するピッキングハーモンクスのノイズもまたいい味。
Chapel Of Ghoulsでの発狂ギターソロは歓声挙がりまくって凄かった。

ドラムのティム・ヤングさんは頑張ってくれました。
スローパートでのスティックさばき、ヘドバンしながらブラスト、見せるドラマーでした。
よくもまぁこんな曲を叩けるもんだと。
見てて少しキツそうだったところもあったかな、RaptureとかBil Ursagなんか終始ブラストしてる印象だし。


ずっと「モービッド!モービッド!」と歓声が絶えない。
終演後もしばらく歓声は続いてました。

FアルバムからのBil Ursagは嬉しかった!
ツーバス連打でひたすらブラスト、低音域中心のリフに呪文の歌詞、すごい迫力だった。
あと、Sworn To The BlackWhere The Slime Liveのようなスローチューンはライブだと更に冴えるね。



曲順はうろ覚えですが

Immortal Rites
Fall From Grace
Rapture
Pain Divine
Maze Of Torment
Sworn To The Black
Existo Vulgore
Nevermore
I Am Morbid
Lord Of All Fevers And Plague
Angel Of Disease
Chapel Of Ghouls

EN

Dawn Of Angry
Where The Slime Live
Blood On My Hands
Bil Ursag
God Of Emptiness
World Of Shit (The Promised Land)



終演後、ちゃんと写真撮影に応じてくれるデイヴィッドさん、いい方でした、イケメンでした。
トレイの不気味なオーラも凄かった。
また近いうちにピートと一緒に来日してください!

Stay Heavy!

ナカジマノブ博2011~ビバ!LIVE!!どこを切っても俺俺俺俺俺俺!

のぶ博行ってまいりました!



THEゆうたろうバンド

全員がノブさんの顔写真を顔につけて登場!
何処を切っても俺俺俺!
この雰囲気サイコ―ですね!
くだらない!
ノブ博のお手製の旗を配ってたノブさんは本物のノブさんだったよなアレ…。
ニコラスケイさんがノブさんのまま一曲目突入!
初めて聴くんですけどね!

バンド結成のキッカケ、ゆうたろうさんがコピーバンドという曲を前のバンドで書いていたけど活動休止になってしまった為、日の目を見ることができず。
しかし、「是非この曲を形にしようよ!」と声をかけてくれたのがノブさんで、それがバンド結成のきっかけだとか。
すごく心に響きました、いろいろ。
なんだか和嶋さんの影響でしょうか、最近の俺は涙もろいのですが、同時にいろいろすぐ心に響いて考えさせられる事が多くて。
歌詞が凄く良かったし。

ニコラスケイさんがかっこよかった!
ノブさん早速フルパワーでした。
…でも体力大丈夫かなぁなんて心配は不必要でしたね。



ドミンゴス

吉田一休さんとノブさんが体育コント。
二人で組体操、倒立、整列。
いや、体力大丈夫っすか…なんて心配はご無用でした。

早速出血してるノブさん。
すげぇ!けどどう叩いたらそうなるんだ!
なんかもうドラムスティックとドラムセットぶっ壊す勢いでたたきますからね、かっこいい、ロックだ!

なんだか2011年にこういうバンドを見れるってのは、いや、イエモン聴いてる俺が言うのもなんですが、時代が遡ったようだ…。
すごく好きですけどね、音楽ってのは例え音が20年前、30年前のものだって良さは変わらないんだ。
うろ覚えですが途中のMCで
吉田一休「昨日みんなに言いたいことがってノブさんがね」
ノブさん「やめてやめてやめてやめて!!次の曲行こう!」
気になる…。

みんながドミンゴス買いたくなったり、ツイッターが凄いことになってるといいですね。
僕は帰りにTSUTAYAでCD10枚2000円レンタルやっててドミンゴス借りようかと思いましたよ。
いや、借りるんなら買いますけど。





人間椅子
セットリスト


阿呆陀羅経
地獄のロックバンド
愛の法則
肥満天使(メタボリックエンジェル)
深淵
冥土喫茶
今昔聖
愚者の楽園
道程
針の山
アンコール

幸福のねじ
ロックンロール特急


OPSEから阿呆陀羅経
そして地獄のロックバンドと早くも全力!

ノブさん、人間椅子の前に準備体操をしてたそうですが、「何の準備をするんだ」と鈴木さんw

人間椅子なりのラブチュチュな曲ということで愛の法則
あんだけ屈折した恋の曲書いてたら、たまには純粋なラブソングも書いてみたくなるよね。
とはいっても恋の辛さ悲しさを歌った曲。
ギターソロが見事な味でした。

ノブさんへのお誕生日ケーキを眺める鈴木氏に「やっぱりアフリカ難民へ」と、鈴木氏に渡そうとした瞬間ガブリ!
いい食いっぷりでした。
肥満天使の時は歓声が上がってたなぁ。
なんかこのときの鈴木氏やたら元気だったような

深淵のMCで、歌詞で、またなにかこういろいろ感じるものがありました。
精神が不安定な時って多感なんでしょうか、やっぱりこの曲は考えさせられる。
刻むリフからさらにスラッシュな冥土喫茶へ。
今昔聖はやっぱりドヘヴィだった。
そして最後のギターソロがまた凄い。
目の前で見れるなんて幸せだね。

MC、鈴木氏の使ってるピックはEXTRA HEAVYだって。
それすらもやわらかく感じるようになって来たらしい。
んで愚者の楽園はギターが暴れまわってました。

「歌っちゃってもいいですかぁ!」
の前に「歌ってー」の声が挙がってました。
ノブさんが主役ですからね!
三悪道中膝栗毛より道程
そしておなじみ針の山


アンコールでは、ノブさんに幸福を届けに、幸福のねじ
鈴木氏の笑い声が尋常じゃなく「幸福」という言葉とかけ離れてました。
そして最後は全員ステージに出てみんなでロックンロール特急
全員のギターソロ+ハーモニカソロで和嶋のギターをコピー!
祭り!

最後にノブさんが「まだあと1セット叩けるぐらい体力が有り余ってるけど、明日に取っとくぜ!」ってあんた何物ですか!
ノブさん、出演バンドのみなさん、楽しい時間をありがとうございました!


帰りにTHEゆうたろうバンドのCDを二枚買いました。
It's A Smoll Worldコピーバンドが気に入ったので。
ゆうたろうさんがサインしてくれました!二枚とも!
俺の名前付きで!
俺も名前にノブが含まれてるんだぜ!イエーイ!

あとドミンゴスのCD見てたら物販の人に「そのTシャツ着てる人がこのバンドのCDとるなんて凄い光景」的なことを言ってくれて、Tシャツの話題してくれてちょっと嬉し恥ずかしかったw
いやいや、おんなじロックですよ!
何のTシャツかは書きません。

人間椅子目当てでしたが、いろんなロックが聴けて楽しかったぜ!イエーイ!

7/20 人間椅子 此岸礼讃レコ発ツアー 「彼岸の日」

二日連続参戦!

この日はソールドアウトでした。
盛り上がりも凄かった!

セットリストがどうなるか気になったけど予想通り、
鈴木「今日は一曲も昨日とダブりません」
というコトで、どんな曲が飛び出すかの後半戦!


あのOPから一曲目は3人のボーカルのかけあいがいいリズムの『阿呆陀羅経』!
いきなりのノリのいいリフに興奮しました。
そしてまたノリのいい曲である『ギラギラした世界』!


「僕たちは光になるために生まれてきた」というMCから『光へワッショイ』。
ワッショイ!という掛け声で盛り上がりました。
和嶋自身の「ギター!」って合図もちゃんと言ってた。

そして「瘋痴狂」から『雷神』。
盛り上がりが更に凄くなりましたね!


「宇宙シリーズを作った」という鈴木氏。
でも和嶋氏が書いた歌詞は地底シリーズ。
「地球の中って空洞なんだって!」とムーを愛読する和嶋氏の子供のように無垢な笑顔。
「ほほぉ~」とあしらう鈴木氏に対し「なんかいろんな国とつながってるらしいよ」「これ以上言うと消されるので」的な発言をする和嶋氏に会場も笑顔。

そしてお馴染み『賽の河原』。
ドゥーミーでヘヴィでした。


バンド名の話から江戸川乱歩の話、「奥様~」で始まる…って和嶋氏が発言したところで「おぉ?」「…やるの?」って声があがってたけど、エドガー・アラン・ポーの話へ。
く…黒猫?とか思ったりしたけれど、違いました。
「Ligeia」という小説の話から、「僕もたまにその小説の主人公のような気持になることがある」と、そのような気持ちを曲にしたという『胡蝶蘭』へ。
凄い盛り上がりだったので「一旦休息みたいな感じで」とも。


テレビをあまり見ないという和嶋さんからの「テレビデジタルのに変えた?」という質問。
結構多くの人が手を挙げてた。
それに対し鈴木さんは天気予報見ないと一日が始まらないそうで。
そこから『深淵』からの三曲はとにかく大盛り上がり。
『冥土喫茶』のスラッシーなリフは心地よかった。
『相剋の家』での鈴木氏の動きも物凄く迫力ありました。


「こんなに楽しいと今日はみんなと飲みに行ってもいいぜー!」とノブさん。
ただ延々話を聞かされるそうw
そして「歌っちゃってもいいですかー!!『赤と黒』!」
どんどん飛ばしてきます!


ロックの起源の話から『愚者の楽園』、そして鈴木氏のギャンブルシリーズから『膿物語』!
妖しいギターソロが冴えてましたね!
さらにドヘヴィなイントロから『天国に結ぶ恋』!
『針の山』のときには観客の盛り上がりも最高潮。


アンコールで『鉄格子黙示録』!
意表を突かれて、すごい嬉しかった。
イントロからカッコイイ。

「三、三、七拍子!」『地獄風景』!
難解なベースを弾きながらの歌には圧巻です。


二度目のアンコールでは鈴木氏が胸毛と乳首とデカい腹を出して登場!
鈴木「12月には腹はへこんでますよ」
今後の予定を伝えた後、『どっとはらい』!
みうらじゅん氏の言ってた通り、まるでベロンベロンに酔っぱらったお坊さんのような動きで客を翻弄する鈴木氏!

盛り上がりが冷めぬままこれにて、どっとはらい。





セットリスト

1.阿呆陀羅経
2.ギラギラした世界
3.光へワッショイ
4.雷神
5.地底への逃亡
6.賽の河原
7.胡蝶蘭
8.深淵
9.冥土喫茶
10.相剋の家
11.赤と黒
12.愚者の楽園
13.膿物語
14.天国に結ぶ恋
15.針の山
アンコール
16.鉄格子黙示録
17.地獄風景
アンコール2
18.どっとはらい

7/19 人間椅子 此岸礼讃レコ発ツアー 「此岸の日」

行ってまいりました。
雨の中、雷神が聴けるといいなァ~なんて思いながら。

人間椅子は初めてのライブですが、老若男女、幅広いファン層でした。

そして3人とは思えぬヘヴィさで…。
ノブさんの叩き方カッコよい!



OP曲はオリジナル曲。
「リーン...リーン...」となりながら始まるやたらカッコイイOPで、CDに収録してほしいぐらいだった。


『沸騰する宇宙』で和嶋さん鈴木さんノブさんみんなびっくりするほどメチャクチャかっこよかった!
貫禄が凄い、特に鈴木さん、縦にも横にもデカいw

一日目最初のMC、「この曲は和嶋くんが国を思って作った曲だけど人によっては『阿藤快』の曲だと思ってる人もいるんじゃないでしょうか」的なコメント。
やっぱり思うのかw


「人生ではいろいろなことを学ぶけど、辛い事苦しいことでしか人は何かを学ぶことはできないないのではないか、今辛い思いをしてる人が多いけど、そんな人を想って作った曲」と『春の匂いは涅槃の香り』の前のMC。
難解な曲を見事、息を合わせて演奏していました。

そして『りんごの泪』!盛り上がりました。


MORTORHEADの弟分のTANKが好きで、そういう曲を作ったと鈴木氏。
歌詞を頼んだらできたのが『泣げば山がらもっこ来る』w

『品川心中』の落語部分、生で見れて本当にうれしかった。
そして3rdから『審判の日』、なかなか珍しい選曲な気がしますが初参加なので、どうなんでしょう。
もちろんカッコよかったです。


お経を呪文と言い間違えたのは笑ったけど、『今昔聖』前のMCは難しくてよくわからなかったです…。
新しいエフェクターが使われてる曲とのことで。
ベースとドラムのヘヴィさも凄いけど、『死神の饗宴』と『痴人の愛』は曲自体もドヘヴィ。
いい感じの重さに酔いしれてきます。


今回のツアーで初めてやる曲だぜ!と『ロックンロール特急』
ノリノリで盛り上がりました!
歯ギターとか、良く弾けるもんだと、すごい。


和嶋と鈴木の出会いの話、キッスのレコードを持ってるだけで有名になれた青森。
「あいつのとこはレインボーが!あいつはクイーン!」って。
「知り合いでもなんでもないのにいきなり和嶋君が「キッスのレコード貸して!」と来たのがきっかけ」だとか。

「お馴染みの曲をやっていきたいと思います」と和嶋さんのMCからライブの定番曲が続々。


『地獄』の中盤パートはまさに地獄のような迫力でした。
そしてシメは『陰獣』!!
このワウな音は…!と思ったら本当に陰獣で嬉しかった!

『審判の日』『恐怖!ふじつぼ人間』『幸福のねじ』『地獄』『陰獣』と鈴木氏の高笑いがキチガイじみてて素晴らしかったですね。

ギターを弾くおじいさんと紹介されてしまった和嶋さんw
「トゥー・ビー・コンティニュード」と、明日へ続く。





セットリスト

1.沸騰する宇宙
2.あゝ東海よ今いずこ
3.春の匂いは涅槃の薫り
4.りんごの泪
5.泣げば山がらもっこ来る
6.品川心中
7.審判の日
8.今昔聖
9.死神の饗宴
10.痴人の愛
11.ロックンロール特急
12.地獄のロックバンド
13.人面瘡
14.恐怖!ふじつぼ人間
15.幸福のねじ
アンコール
16.悪魔と接吻
17.地獄
アンコール2
18.陰獣
プロフィール

もつA

Author:もつA
粉砕紳士。
当ブログについて
もうなんかリンクフリーですが、一言くださるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今聴いてるもの
りすにんなう

最近聞いた曲

AnikiniA’s Profile Page

..
読書メーター
読書
もつAの最近読んだ本
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。